紫外線アレルギーとは?対策は?

Posted By on 8月 16, 2016

紫外線アレルギーとは、日光アレルギー、日光過敏症、日光性皮膚炎と呼ばれているもので、紫外線が原因で引き起こされるアレルギー反応のことを指します。
普通の人が浴びても問題ないくらいの紫外線照射でも、紫外線アレルギーになると、皮膚に異常に反応してしまいます。

症状としては、日に当たった部分だけに発赤や発疹、腫れ、かぶれなどが表れることが多いのですが、頭痛、発熱、吐き気などの症状を引き起こす場合もあります。紫外線アレルギーの対策としては、一度なってしまうと自然に治ることがないので、そうならないように予防と対策をするのが一番です。紫外線アレルギーの予防は、紫外線を浴びないことで、普段から日光を浴びないようにすることです。外出する時は必ず長袖を着用し、手袋や帽子、 日傘、サングラスなどを着用します。万全の体制で日光を浴びないようにします。帽子や服はUVケア加工されていている物を着用し、日傘はUVカットの傘を使用します。そして日焼け止めクリームをしっかり塗っておきます。家の中でもUVカットのカーテンを使用し、窓ガラスには紫外線カットのフィルムを貼ると良いです。

紫外線に弱いという人は、体のなかからのケアも視野に入れましょう。
シミ対策の医薬品ならば、キミエホワイトプラスがおすすめ。

キミエホワイトプラス 使った人の口コミは?