栄養と食品の関係について

Posted By on 5月 27, 2015

食品は、栄養の補給に対する鍵を担う存在といえます。

ものを食べることは、生きるために必要な栄養を得ることです。

食品の知識がない状態では、栄養の欠乏や過剰が起きることがあります。

食事メニューに問題があると、栄養不足に陥ってしまうことがあります。

近年では、栄養補助食品の市場も拡大し、食品以外の方法で栄養摂取をする人も多くなりました。

サプリメントをつかえば、食事を摂らずとも体に必要な栄養を補充することができます。

最近のサプリメントブームは、なぜ起きているのでしょう。

食品だけでは栄養が得られないものなのでしょうか。

食品加工技術は日進月歩の勢いで技術開発が進んでおり、おいしいレトルト食品も多くなりました。

出来合いの料理や、温めるだけの加工品などを食事にすることも、珍しくなくなっています。

近頃の野菜は昔ほど栄養が含まれていないともいいます。

農薬をたくさん使っていることが、その理由にあげられます。

健康のために必要な栄養を今の野菜から得るためには、より多くの野菜を食べなければならないということになります。

一日で食べるには大変な量の野菜を食べなければ、必要な栄養が補給できないこともあります。

毎日自炊をするのも大変ですから、料理の時間がないという人は、食事で栄養を確保するのは困難になります。

一つの家庭の単位が少人数になっている影響から、レトルト食品や加工品を使って、手軽な食事をしている人も少なくないと言われています。

現代人の食生活では、なかなか栄養を確保しづらくなっています。

そのため、サプリメントを活用して栄養を補給する人がふえているのです。

塩澤麻衣