大学生が就職活動の前に行う自己分析

Posted By on 6月 3, 2015

大学生になるとすぐに就職活動のことを意識して準備をしておく必要があります。

就職活動の準備段階で大事なことは、自己分析をすることです。

けれども、適切な自己分析ができていないばかりに、就職活動で迷走してしまう大学生も少なくないといいます。

就職活動を成功させるために、大学生はどのような自己分析をするといいものなのでしょう。

大学生が自己分析をして、将来の目標を見つけ出そうとしても、思うようにいかないことがあります。

自分が将来何になりたいかを決めることに、早すぎることはありません。

ですが、実際の状況をきちんと把握していないうちの目標設定は、現実からかけ離れている可能性があります。

実際、自己分析を早々と始めている大学生の志望先を聞いてみると、マスコミや総合商社、アナウンサーなど採用の少ない専門職であることが多いといいます。

手持ちの情報だけで早々に結論を出してしまった場合、目標が現実と乖離していても、目標の再設定がしにくいということがあります。

早いうちから目標を決めすぎて、その目標に足を取られてしまってもいいことはありません。

手始めに各業種の動向や将来性、就職の難易度などを調べてから、自分の力で可能な範囲の目標を立てるといいでしょう。

大学生で自己分析をする時には、その前に業種ごとの情報をキャッチできるようにしておくといいでしょう。

就職活動前の自己分析では、自分にはどんなアピールポイントがあり、人に負けないジャンルは何かを確認しておくことも有用だといいます。

どんなふうに自己分析をするかによって、大学生の就職活動の成否は別れるものです。

ラミューテ