サプリメントの販売に資格は必要なのか

Posted By on 11月 14, 2016

サプリメントの販売にはとくに資格は必要ではありません。
サプリメントに関する資格は、民間資格が2種類あります。
日本ニュートリジョン教会と、日本サプリメントアドバイザー認定機構が扱う資格です。
いずれの機関でも、サプリメントアドバイザーという名称の資格を取得可能です。

サプリメントアドバイザーと、栄養情報担当者資格という資格が24年に一緒になって、サプリメントアドバイザーになりました。
今のところ、サプリメントアドバイザーの資格を持つ人は国内で5000人くらいで、薬剤師や栄養士が多い傾向があります。
合格率は半分以下というデータがあるので、栄養や健康に関する分野に詳しくない人には、少し難関な部類に入る資格かも知れません。
資格取得のための方法としては、通信講座もあるので、自分のペースで勉強することができます。
サプリメントといえばアメリカが先進的であり、日本ニュートリジョン協会はアメリカの栄養学に基づく学習を行っています。
教材の内容は、厚生労働省のガイドラインに内容は沿っており、サプリメントの資格に関して学んでいくことができるようにつくられています。
実際にサプリメントを売る時に守るべきことは何かや、人体を構成する栄養素の中でも特に重要な脂質、糖質、たんぱく質に関する知識も問われます。
海外で高く評価されているようなサプリメントを輸入し、まだ日本ではつくられていないようなサプリメントを売るという方法もあります。
サプリメントの販売には資格は必ず必要という訳ではありませんが、専門知識を有していると販売するときに役立つので持っていると安心です。

ホワイトヴェール 美白